Yさんからです・ 蓮の花



愛知県愛西市 旧立田村・・・

木曽川を越えれば三重県、
全国有数の蓮根の産地でもあります。


「蓮が見たい!」と言う私のために、
愛西市に古くから住む友人が
車を走らせてくれました。


一面の蓮根畑。

滅多に見られない珍しい景色です。

友人によれば、
蓮根のハスは背丈が低く、
花も少ない。
色は白がほとんどとのこと。

確かに緑々した大きな葉っぱだけ目立ち、
風になびいてキラキラ輝いています!

一方、観賞用のハスは
背丈が163㌢の私の身長を優に越えるものもあり、
花は薄桃色やピンク色が主です。



友人は子どもの頃、
雨降る中、
田んぼのハスの葉っぱをもいで、
傘がわりにして遊んだそうな・・

そんな話は絵本の中の虚構の世界かと思いきや、
ハス田の身近で育った人には当たり前の話のようです。
嘘のようなホントの話!


よくよく見れば、
朝方まで雨が降っていたというのに
ハスの葉は全く濡れていません。

円すい上の葉っぱに残った雨水も水銀状に丸まり、
まるで硝子のペーパーウェイトの様。
葉っぱが風に揺れるたびにコロコロキラキラ!
何とも美しい!

感嘆する私たちに
上等なカメラを抱えた老紳士がにがうんちくを語るには、
それはロータス効果と言うらしく、
自浄作用を持つのだそうです。

『蓮は泥より出でて泥に染まらず』
しかも泥水が濃いほどに大輪の花を咲かせる。
なるほど。



だがしかし暑いものは暑い!
ハス田の泥水やぬかるむ足元から上がる、
むせかえるような湿気とも大格闘しつつ・・・

果たしてレンズ越しには、
俗世の諸事情とは無縁の世界を
お伝え出来たでしょうか・・・?


写真
最上・蓮根畑のハス
左下・ハスの葉上の雨水&ハスの実
下・花ハス
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

インタビュー
プロフィール

matsudashigehito

Author:matsudashigehito
1959年 山形県に生まれ「生命の大切さ “浮遊する水”」をテーマに木を素材として制作しています。

プロフィールの詳細はこちら

FMラジオに出演しました。
FMえどがわ「TOTO Navi探検隊」に出演させていただきました。
さわあこのラジオ日記はこちら
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク