Yさんからです・ 花火大会




海の日に開催される『名古屋みなと祭り』。
三連休最終日の昨夜は、
真夏の夜空を飾る花火大会でした!

今年で71回目の祭りも、
今や名古屋市のビッグイベントの一つ。

三千発の花火が上がる、
名古屋港水族館を有するガーデン埠頭一帯は、
県内外から訪れる、
浴衣姿の花火客で毎年大混雑!
ちなみに昨年の花火大会の人出は39万人とか・・・



近所の宮の渡し場は花火見物の穴場スポット!

祭りの喧騒もここまでは届きません。
迫力も臨場感もいまいち。

でも、何故だか
私はここから眺める花火が好きです。

ご近所の方がうちわ片手に
家族連れでゆるりと訪れる・・・

渡し場の常夜灯のかすかな明かりのみで、
足もとも覚束なく、
顔の判別すら定かじゃない暗闇の中、
「帰ってきてたの?
お帰りなさい」
そんな会話もかすかに聞こえてくる。

そんな昔ながらの祭り風情に
心引かれるのでしょうか。

渡し場の川面を渡る生ぬるい夜風や
川面に映る光の道。
大輪の花火が消えた後の闇に
時間差でとどろく音。
大輪の光の花の下に
偶然重なる新幹線の車窓の明かりにも。



花火そのものよりも、
『花火の上がる夏の夜の風景』に、
より情趣を覚えるのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

インタビュー
プロフィール

matsudashigehito

Author:matsudashigehito
1959年 山形県に生まれ「生命の大切さ “浮遊する水”」をテーマに木を素材として制作しています。

プロフィールの詳細はこちら

FMラジオに出演しました。
FMえどがわ「TOTO Navi探検隊」に出演させていただきました。
さわあこのラジオ日記はこちら
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク